毎日マッサージ店には通えない… セルフマッサージで肩こりを軽減

, ,

辛い肩こりに悩んでいる方は、マッサージサロンに通われている方もいらっしゃるかと思います。しかし、毎日となると、お金や時間がかかってしまいますよね。辛い肩こりは、蓄積させずにその日のうちで解消したいものです。そんな時は、やはり自分の手やグッズを使ってのセルフマッサージやストレッチで辛さを和らげましょう。

効果的に行う方法は

セルフマッサージは手軽にできますが、効果を高めるにはいくつか押さえておきたい点があります。まず1つ目は正しい姿勢で行うことです。そもそも悪い姿勢は肩こりの原因になります。骨盤を立てて座り胸を張って姿勢を正して行いましょう。前傾姿勢や猫背だとマッサージの効果が薄れてしまいます。
2つ目に首の周りを温めてからマッサージしましょう。血行不良も肩こりの一因なので、温めることで緩和します。蒸しタオルや入浴後に行うと良いでしょう。3つ目にマッサージオイルやローションを使いましょう。肩や首を揉みほぐす際に摩擦で感じる痛みを和らげてほぐすことができます。

肩こりにきくツボがあります。

「肩井」というツボは、こりを感じた時に肩に手を置いた場所にあるので、ツボとは意識せずに揉みほぐしているのではないでしょうか。その他にも肩こりにきくツボは、手のひらの人差し指と親指の付け根付近にある「合谷」というツボや腕の外側、肘を曲げたところから指3本分ほどの手を握った際に筋肉で盛り上がる部分にある「手三里」というツボ、その他にも頭部にもいくつかあるので、試してみてはいかがでしょうか。
また、ツボを押す際は力任せに揉むのではなく、圧をかけるイメージで揉みほぐしましょう。

肩甲骨を中心にマッサージ

セルフマッサージをする際は、肩甲骨を中心にほぐすと血流がよくなり、だいぶ肩こりが楽になります。手を背後でつないで伸ばしたり、肩をぐるぐる回すだけでも肩こりが和らぎます。頭にてを当てて、左右に倒したり、指圧器やストレッチポール等のグッズを使うのも効果的です。
毎日のセルフマッサージで肩こりの辛さから解放されましょう。