避けて通れない肩こり予防策と足裏マッサージとのお付き合いについて

,

肩こりが起きた場合、直接肩へはもちろん足裏といった箇所にマッサージ!これで解消に繋げることはできるでしょう。ただ、それでも日頃から予防策を行っておくことも大事になってきます。

そもそも肩と首によって支えられている頭の重さは5~6キロと言われており、ボーリング玉一つに匹敵するため、それらにかかる負担は想像するまででもありません。しかも意外なことですが、欧米人と比べて日本人の頭は大きいと言われているわりには筋肉が弱いとされているため、それにより拍車をかけています。そのため、マッサージに頼りたくなる気持ちは理解ができます。しかし、それなしに生活が成り立たないようでは慢性的な症状となる可能性もあり身体に毒という結果を招いてしまう恐れもあります。

そのため、簡潔にできる予防策を紹介するのでぜひ実践してみましょう。

まずは動かして結構改善!

主なものとしては、パソコン作業といった同じ姿勢を保ち続けるものに対して適度な休憩を入れて緊態を解きほぐすこと、筋肉を落とさない運動を適度に取り入れること、もし肩こりの自覚がある場合は血圧測定をすること、といったものがあります。少し詳しく語ると、パソコンを操作しているときはまばたきを行う回数がかなり減るためドライアイを起こしやすくなったりもするし、前かがみで血行を悪くしたりします。また、運動自体は血行改善になるし筋力の衰えを防止するといったことにも繋がります。それだって、激しいものではなく、ウォーキングの際に腕を振るといった簡潔なものでも全然大丈夫です。

足裏マッサージも有効

もちろん、上記を厳守しても起きてしまう場合もあります。その時にようやく足裏マッサージを実践するなり専門店に行きサービスを受けるという流れがベストでしょう。

生活習慣も見直そう

ということで、基本的には日ごろから肩に負担がかからないような生活スタイルを貫くこと、それだけではどうしても対応しきれなくなったら初めてサブという形で考えるというパターンをぜひ意識しましょう。それに、費やすお金と時間は本来ならもっと別なところに投資した方が自分の人生自体も飛躍的に楽しめると思いますしね!