負担のかからない姿勢を 仕事中の心がけ次第で肩こりは解消されます

, ,

1日の大半を過ごす仕事場。仕事の時間の心掛け次第で、肩こりは解消されるものです。この記事では、肩こり解消のために、仕事場でどのように過ごせばいいかについて、紹介いたします。

正しい姿勢を保つことが大切です

仕事において、同じ姿勢が続くという方も、多いのではないでしょうか。パソコン操作や運転、接待など、けっこう仕事では同じ姿勢が続くものです。
その同じ姿勢が、間違った姿勢であると、肩こりの原因となってしまいます。例えば、デスクワークなどは、背筋を伸ばすことを意識するだけで、肩こりが解消されていくものです。
『今までの姿勢を正す』と言うのは、それなりにストレスが溜まるものです。しかし、将来の自分の健康のことを考えると、やはり肩に負担がかからない姿勢を保つというのは、とても大切になってきます。

軽く肩を動かしてみるといいですよ

例えば、「机でパソコンを操作する」という行動で、肩を動かすことはありません。つまり、1日8時間、「机でパソコンを操作する」という仕事を行うということは、8時間肩を動かしていないということなのです。
1秒程度の伸びでもいいので、軽く肩を動かす動作をしてみると、肩に負担がかからなくなります。また、休憩中などは、肩を動かすことを意識してみるといいでしょう。

就業後や休日の過ごし方が大切になってきます

やはり、仕事というものは、制限がついてきます。特に、先述した、『肩を軽く動かす』という行動も、仕事中であるがゆえに大っぴらには行えないでしょう。
そこで、仕事でない時間を有効活用したいのです。どうしても、仕事の時間が、肩こりの原因になるのなら、仕事でない時間を活用しなければいけません。
運動をしてみたり、マッサージをしてみたりと、肩こり解消の手段はたくさんあります。仕事以外の時間を有効活用して、肩こりを解消していきたいものです。

仕事中は、正しい姿勢を保つことが大切です。パソコン操作などの姿勢が、間違った姿勢であると、肩こりの原因になってしまいます。正しい姿勢を保って、肩こり解消につなげたいものです。また、同じ姿勢が続くときは、軽く肩を動かすだけでも、肩の負担具合が減りますよ。
就業後などにマッサージなどを行うことで、より肩こり解消を実現させることができるでしょう。