考えなしは危険 セルフで肩こり解消マッサージを行う場合の注意点

, ,

セルフマッサージを行ううえで、注意しなければいけない点もでてきます。どのようなことに、注意をしなければいけないのでしょうか。

食事前後や入浴前後には、行わないようにしましょう

マッサージをすることで、思っている以上に、体力を消耗しています。そのため、食事や入浴など、心拍数が上がりやすい状況の前後には、マッサージを行わないようにしなければいけません。
マッサージは、運動と同じだと考えてください。食事の前に運動をしても、空腹のため全力では取り組めません。食後の運動は、身体が悲鳴を上げることでしょう。それと同じで、マッサージを行う時間も、注意をしなければいけません。

飲酒前後は絶対にダメ

飲酒前後には、絶対にマッサージを行っていはいけません。飲酒をすると、血圧が上がってしまうものです。その前後にマッサージを行うのは危険です。
飲酒に対しても、運動と同じように考えることができます。飲酒の前後に運動を行うことはありませんよね。それと同じで、飲酒の前後には、マッサージを行わないようにしなければいけません。

水分補給を忘れずに

くどいようですが、マッサージをするということは、それなりに体力を消耗します。運動をするのと同じように考えなければいけません。そのため、水分補給も大切になってきます。もちろん、マッサージを行ったくらいでは、のどの渇きは感じにくいものです。しかし、確実に身体は水がほしい状態になっています。マッサージを終えたら、コップ一杯程度の水分補給をするように心掛けましょうね。

ネット検索で、自分に合ったマッサージ法を見つけ出そう

いくら、「肩こりには足裏マッサージが効く」と言っても、マッサージ方法は多岐に渡ります。
インターネットで検索をすれば、マッサージ方法の情報を、たくさん得ることができるでしょう。自分に合った方法を見つけ出して、継続していくことが大切です。

マッサージを行うと、思っている以上に、体力を消耗しているものです。そのため、『マッサージ=運動』と考えることが大切です。
食前後・入浴前後・飲酒前後には運動を行わないように、マッサージも食前後などには行わないようにしなければいけません。
また、忘れがちなのが、水分補給です。マッサージ後には、意外と水分を欲しがっているものですから、きちんと水分補給をするようにしましょう。