目の疲れが気になる人は一度足裏マッサージを受けてみよう

,

ひと昔前からすると考えられなかったことですが、現代では一人一台パソコンを持っていますし、携帯電話もガラケーと呼ばれるものからパソコンのような役割を果たすスマートフォンが主流になってきています。そして、毎日のようにパソコンやスマホと向き合って生活をする現代人が増えてきています。

電子機器の見すぎは目に悪い

ちょっと前までは、テレビを見すぎると目が悪くなる、暗いところで本を読むと目に良くない、などと言われていましたが、最近はもっぱらデスクワークやスマホ中毒が眼精疲労の原因となっています。実際に、目の痛みや充血をはじめとする症状に悩まされる人が多いですね。

そのような症状を治すためには、目を電子機器から遠ざけることが一番です。しかし、現代人の生活を考えるとそのようなことは不可能でしょう。そこで需要が高まるのが、目の疲れを取り除くためのマッサージになります。

マッサージで目の疲れを癒してあげよう

例えば、肩こりで悩んでいる場合は背中の上のほうの筋肉を刺激して症状を改善することになります。目の疲れも同様に、目の回りの筋肉をもみほぐしてあげることである程度は良くなるのではないでしょうか?

間接的に目をよくしたい場合は、足裏マッサージを利用するとよいでしょう。足の裏にはたくさんのツボがあり、目のツボもあるので、そこを刺激してあげましょう。この時に、痛みがある場合はそれだけ目の症状が悪いということなので、痛みでその時の目の状態を把握することもできます。

お風呂上りが効果的?

最初は、足裏マッサージの専門店に行って目のツボの正確な位置などを覚えるとよいと思います。一度覚えてしまえば、あとは自分でツボを刺激することができるので、時間があるなら毎日のように目のツボを押して目の疲れを解消していくことができます。

基本的にいつ足つぼを刺激してもよいのですが、特にお風呂上りなどは全身の血行が良くなっているためツボの刺激の効果が高まるとも言われています。お風呂からあがって眠る前に、ベッドの上で足つぼを刺激する習慣を付ければ、翌日の目の状態もよくなるのではないでしょうか?